住まいのことならLIXILリフォームショップ

あませつからのお知らせ

お知らせ詳細

お知らせ 冬のお風呂は寒暖差に注意!

近年ニュースなどで事故の報告が多い「ヒートショック」。

ヒートショックとは・・・急激な温度変化により、体が受ける悪影響のこと。暖房の効いたリビングから、浴室・脱衣所・トイレなどの暖房がない場所への移動、つまり温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされ、血圧が急変し、脳梗塞や心筋梗塞などのヒートショックを引き起こします。


ヒートショックの対策は簡単にできます。その大切なポイントはたったの3つ。ぜひご高齢のご家族やご友人にすすめていただければと思います。


①脱衣所と浴室を温めます




部屋と部屋の温度差をなくすことが何よりも大切。浴室のドアを開け、脱衣所を暖房機器などで温めます。 適当な暖房機器がない場合は、浴室のドアを開けたまま、少し熱めのシャワーを数分出しっぱなしにして、脱衣所の温度と湿度をあげてから、脱衣しましょう。


②お湯の温度はぬるま湯から




41度以上の高温にいきなり浸かると血圧が上がってしまい危険です。まずはぬるま湯(39度)ぐらいに設定しておくとよいでしょう。入り方は、足元からかけ湯をして、体がお湯になれたらゆっくりと湯船に入り、上がるときもゆっくり立ち上がりましょう。


③湯上りは素早く保温




湯上りはすぐに寝巻きを着るのではなくまずはバスローブを羽織りましょう。これだけで湯冷めを防止することができます。また、肌に必要な水分を蒸発させないので、乾燥予防にもおすすめなのです。バスローブから寝巻きに着替えるタイミングは「汗がおちつくまで」です。


【じつは、お風呂は技術!】



気分や目的、悩みなどに合わせたお風呂技術を習得すれば、健康や美容にとってもさらに有意義な空間として楽しむことが出来るのです。

安心・安全に暮らすためにできることから、はじめましょう。

LIXILリフォームショップあませつ


2022年01月15日 投稿

お問い合わせ

ご質問・ご相談予約・資料請求などお気軽にお問い合わせください。

TEL.

メールフォーム

スタッフブログ

LIXIL ウェブサイトへ

ライフスタイルデッサン

日本住宅保証検査機構

日本トリム

株式会社ヨシノ

天草宝島観光協会

天草設備株式会社